骨粗鬆症にならないための対策|サプリメントで栄養成分を補給

骨が弱くなる症状

ストレッチをする人達

若者にも多い病気

骨粗鬆症は、骨量が次第に減ってしまうことで骨がもろくなってしまう病気のことです。この骨粗鬆症は、男性より女性に圧倒的に多くて、70歳以降の高齢者に多いのが特徴的でした。しかし、近年では、20代から30代の若い女性でも多くの方が骨粗鬆症になっています。いわゆる、若年性骨粗鬆症というものです。若年性骨粗鬆症の特徴は、腰が痛くなったり、足が痛くなる症状が最初にでます。それから、骨が脆くなって骨折し易くなるのです。そもそも若い人が骨粗鬆症になる原因は、偏食と運度不足が主なものです。基本的に骨量は20歳ぐらいにピークが来て、その後、維持していきます。しかし、若い時に無理なダイエットで偏食を起こると、骨の質が脆くなるのです。また、運動をしないと骨に刺激を与えられず、脆くなります。骨粗鬆症は、毎日の食事やカルシウムのサプリメントで予防することができます。

サプリを選ぶ際の注意点

骨粗鬆症の予防として、カルシウムのサプリメントが有効とされています。このカルシウムは、ホルモンの分泌の促進、神経細胞の働きを補助する働きがあります。この大事な機能を持つカルシウムは、骨に主に貯蔵されているのです。カルシウムが多い食品として牛乳などの乳製品もありますが、体内に吸収されにくいです。なので、サプリメントで摂ることが最も有効です。カルシウムのサプリメントを購入する際は、注意点が有ります。それは、成分表示で、含有量、吸収を促すビタミンDが含まれているか確認することです。その他にも、サプリメントを摂取する際は、過剰に摂ると吐き気や便秘などの症状が表れます。なので、適量を必ず確認して飲む事が大事です。

Copyright © 2016 骨粗鬆症にならないための対策|サプリメントで栄養成分を補給 All Rights Reserved.