骨粗鬆症にならないための対策|サプリメントで栄養成分を補給

骨密度を上げることが大切

サプリメント

女性患者がより多い病気

骨粗鬆症はどちらかというと女性に多い病気です。骨粗鬆症の女性患者は男性患者の約3倍以上も存在するといわれています。この原因は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと関係しています。女性は50歳前後で閉経を迎えるため、女性ホルモンの分泌量が年齢とともに減少していきます。エストロゲンが減少するとそれにともない骨の密度も低くなっていきます。年齢が近い場合であっても男性より女性の方が骨がもろくなっていくのです。骨粗鬆症は若い女性とも無関係ではありません。若い女性はダイエットをすることが多いので、カルシウム不足となり骨粗鬆症を招きやすくなるのです。このため、骨密度の低下をカバーするような成分を含むサプリメントなどで骨粗鬆症を予防・改善することが大切です。

高齢化で患者数が増加

骨密度を上げるためには、骨の成分であるカルシウムがまず必要になります。カルシウムはそのままでは吸収されにくいこともあるため、吸収を助けるビタミンDやマグネシウムのような成分の配合されたサプリメントを摂取すればなお効果的です。最近では、母乳や牛乳の成分となっているMBPという特殊なタンパク質に骨密度を改善する効果のあることが解明されました。したがってこのMBPというタンパク質から製造されたサプリメントも骨粗鬆症対策のために高い効果を持つと期待されています。日本では、今後骨粗鬆症の患者数がさらに増加すると見込まれています。それは日本における高齢者人口がこれからますます増えていくと予測されているためです。よって骨粗鬆症に効果のあるサプリメントを必要とする人はこの先も多くなっていくことでしょう。

Copyright © 2016 骨粗鬆症にならないための対策|サプリメントで栄養成分を補給 All Rights Reserved.